絵本

いないいないばあさん

出版社からの内容紹介あらすじ

おばあちゃんといっしょに歩いていたら、いつのまにか、おばあちゃんがいなくなった。
「おばあちゃーん」
あちこち探しまわっていると……
「ばあーっ」
おばあちゃんは、ショーウィンドウの中で、マネキンのまねをして立っていた。

橋の下、階段のうら、えんとつの上……いなくなったと思ったら、こんなところや、あんなところにおばあちゃん。つぎはどこだろう、と探していたら……今度はほんとうにいなくなっちゃった!?

いたずら好きのかわいいおばあちゃんと、ふりまわされてばかりのぼくの、ふしぎでたのしい毎日。このおばあちゃん、くせものですよ。

ばかばかしさが愛おしい、佐々木マキのポップでシュールなナンセンス絵本。

【ヨシタケシンスケさん推薦!】
「ぼくも こんな おばあちゃんが ほしい!…かな?」
ーーヨシタケシンスケ

絵本「いないいないばあさん」の一コマ

絵本「いないいないばあさん」の一コマ

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。