絵本

いないいないばあ

「いないいないばあ」は赤ちゃんと家族の初めての遊び!そして、にっこりを引き出す魔法の言葉。

この絵本の内容紹介あらすじ

発売から50年以上もの間、これまで数えきれない親子を笑顔に導いてきたベストセラーです。その人気から地域によっては自治体からのファーストブックとしても贈られているそうで、この絵本の読み聞かせで我が子が“にっこり”の魔法にかかった瞬間を子育て中のママなら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

ストーリーはいたってシンプル、子どもが心惹かれる愛くるしいタッチで描かれた動物たちがページをめくるごとに「いないいない…」「ばあ!」とひょっこり顔をだします。たったそれだけのことですが、その単純な繰り返しが子どもたちの心を鷲掴みにしてしまうのです。

「ばあ!」の瞬間の驚きと喜びに溢れる子どもの純粋な笑い声は、きっとたまらない感動を与えてくれることでしょう。

あまりにも気に入って、子どもが自分で読めるようになったころにはページがボロボロ、下の子が産まれた際には2冊目を買いなおしたなんていう話も聞きます。

「いないいないばあ」って優しくて懐かしくて、とっても愛情を感じる言葉ですよね。声に出して読むとこの絵本が多くの親子に愛されている理由が分かります。

初めてのあかちゃんへのお祝いとして、もしまだ手元に持ってらっしゃらない方にはお誕生日や第二子誕生のお祝いとしても自信を持っておすすめできる一冊です。

出版社からの内容紹介

いない、いない、ばあ。にゃあにゃが、くまちゃんが、ほらね、いない、いない……。
日本で一番売れている絵本です。(トーハンミリオンブック調べ)

「赤ちゃんと、どんな風にコミュニケーションとったらいいでしょうか?」こんなお問い合わせをいただくことがよくあります。この絵本はそんな赤ちゃんとご家族にぴったりの絵本です。「いない いない ばあ」と語りかけて一緒に楽しむことで、大人もあかちゃんも笑顔になり、心の交流を通じて親子の信頼を深めるきっかけになります。そんな読者の皆さんの体験や信頼が口コミで広がり、支持され続けてきた絵本です。

出版社「童心社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。