絵本

百年たってわらった木

作者は、なんと12歳の女の子!?誰かに良く見られようと突っ張っているよりも自然なありのままの姿がいいんだ!

この絵本の内容紹介あらすじ

どんなに強い風の日もどんなに激しい雨の日も、日差しが強く暑い日にも、上を向いて立っているかっこいい木がありました。この木は100歳になりますが、森の動物たちはいつになっても寄りつかないので寂しい日々を送っていました。

ぐんと枝を伸ばし、葉っぱは鋭く、はだはピカピカの立派な木なのにどうして動物たちは寄りつかないのでしょう?

いつもは堂々としてかっこよくしている木も寂しくなって、とうとううなだれてしまいます。

そこにリスの親子がやってきます。いつもはぐんと枝を伸ばしていましたが、うなだれて葉っぱが下を向いているおかげで木陰ができていたのです。リスの親子は、「こんな暑い日に木陰があって助かるわ」というのです。

ようやくこの100歳の木は、無理をしなくていいことに気づくのでした。等身大のありのままの自分でいるとたくさんの動物たちが集まるようになりました。

いろんなことに気づかせてくれるとっても素敵なメッセージが込められたこの絵本。この絵本の作者は、なんと12歳の女の子。ただただ驚きですよね。

誰かに良く見られようと突っ張っているよりも自然なありのままの姿がいいんだということにお子さんも気づいてくれることでしょう。

「100年もたってようやく気づくなんて自分はなんて馬鹿なんだ」と木は思います。しかし、「気づかないよりはましだよ」っと鳥たちは教えてくれるのでした。

最後まで素敵なメッセージが込められた気づきをくれる絵本ですね。

出版社からの内容紹介

森の中に、とってもかっこいい木がありました。ぐんと上にのばしたえだ。するどい葉っぱ。ツルツルピカピカのはだ。百さいになるというのに、いつでもどうどうとしています。けれども木は、そんな外見からはわからない、さびしい思いをしていました。

2002年おはなしエンジェル子ども創作コンクール“小学校高学年~中学生の部”最優秀賞受賞作品です。

出版社「くもん出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。