絵本

ふしぎなたね

現実世界の仕組みを描き出したような読めば読むほどに意味深い数字の絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

昔、あるところに怠け者の男が住んでいました。ある冬のこと、その怠け者の男の前に不思議な仙人が現れると、不思議な種を二つ渡すのでした。

この不思議な種は、一つ食べるだけで一年間は何も食べなくても空腹に困ることはありません。また、地面に埋めれば翌年に必ず実って二つになると言うのです。

男は、さっそく種を焼いて食べることにします。この不思議な種は、とっても美味しく、空腹も満たされるのでした。

そして、もう一つの種は地面に埋めることにします。すると、翌年の春には新芽が出てきて、夏になると綺麗な花が咲くのです。それから、秋になると不思議な種が二つ実るのでした。

冬になると、男は収穫した不思議な種を一つ食べて、もう一つを地面に埋めます。すると、春には新芽が芽吹き、夏になると綺麗な花が咲き、秋になると不思議な種が二つ実るのでした。

男は、前の年と同じように不思議な種を一つ食べ、もう一つを地面に埋めます。次の年もまた次の年も、男は同じように不思議な種を一つ食べて、もう一つを地面に埋めます。

男はこうして何年も何年も同じように種を一つ食べては、もう一つを地面に埋める生活を繰り返します。ところがある年、男はいつまで経っても同じ繰り返しであることに気づきます。そして、その年は不思議な種を二つとも地面に埋めて、他のものを食べて暮らすことにしました。

次の年になると、不思議な種は四つ収穫できます。そして、一つ食べて三つを地面に埋めると、翌年には、種は六つになるのです。そうして、不思議な種はどんどん増えていくのでした。

怠け者の男は、不思議な種を一つ食べては一つ埋めて、という生活を繰り返していましたが、二つとも種を埋めたことを境に生活はどんどんと変化していきます。この怠け者の男の暮らしは、一体どうなっていくのでしょうか。

不思議な種が増える様子は、数字を学ぶきっかけにもなります。そして、この絵本は、勤勉に働くことの大切さや考えを改める大切さも描き出します。

出版社からの内容紹介

この絵本は、文も絵も安野さんが書きました。
「むかし あるところに なまけものの 男が すんでいました。」
そこへ仙人がやってきて、ふしぎなたねを2個くれました。いわく、
「ひとつ食べれば一年間おなかがいっぱいになり、ひとつ埋めると翌年必ず2つ実がなる。」とのこと。

男はしばらく言われたとおりにしていましたが、何年かたって(笑)、やっと気がつきます。
「今年は、2個とも地面にうめてみたら・・・」。
次の年に2個のタネは4個にふえ、1個を食べて3個を埋めました。
さて、次の年の秋には、いくつのタネがとれるでしょう。そして、その後の男の生活やいかに。

出版社「童話屋」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。