絵本

ほしずなのうた

出版社からの内容紹介あらすじ

青い海、白い浜、そこにひろがる星砂を思い浮かべるだけで、なんだかロマンチックな気分になります。 おそらく、昔の人々も星の形をした不思議なものを見て、いったいどこからきたのだろうと、思いをめぐらしたことでしょう。そして、その形から、天に輝く星と関係があるに違いない、きっと星の子どもだ、とイメージをふくらませて、おはなしができていったのでしょう。

出版社「アスラン書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。