絵本

ほんやのポンチョ

折り目や線やメモの「しるし」だらけのポンチョの本。その一見すると商品として売れない本が奇跡を起こす、心温まる物語。

この絵本の内容紹介あらすじ

ポンチョは町の本屋さんなのですが、本屋の仕事は後回し。朝は畑のお手伝い、昼はおばあさんの荷物持ち、いつも誰かのお手伝いばかりで自分のことは後回しなのです。

そんなポンチョの本屋さんは閑古鳥が鳴いています。待てど暮らせどお客さんが訪れません。

ところがどうしたことでしょう。ポンチョはお客さんが訪れないことなど気にもせずに好きな読書に夢中です。しまいには商品である本の気に入ったページに折り目を付け、大事な部分に線を引き、気づいたことはメモしてしまうのです。

本はすっかり折り目や線やメモの「しるし」だらけ。これではお客さんに売ることができません。ポンチョは、「しまった!」と反省するどころか「ガハハハ これじゃあ うれねえや」と上機嫌な様子です。

そんなある日、小さな女の子がポンチョの本屋を訪れると、積まれた本の山から一冊を手に取ります。その本は、ポンチョがうっかり「しるし」を付けてしまって売れなくなった「しるし本」でした。

そこでポンチョは、うっかり「しるし」を入れてしまって売れない本であることを謝りながら女の子に伝えるのですが・・・、女の子はその「しるし本」に興味津々、とても気に入った様子です。

折り目や線やメモの「しるし」だらけのおかげでポンチョの見ているところや感じたことがその本から伝わってくるのです。そんな「しるし本」を女の子は世界にひとつだけの素敵な本だと感じたのでした。

そんな女の子のはしゃいだ様子を見たポンチョは、その売れない「しるし本」を女の子にプレゼントすることにしました。すると、「しるし本」の代わりにと言って女の子はポンチョに可愛い犬のぬいぐるみをプレゼントするのでした。

それからほどなく、世界にひとつだけのポンチョの「しるし本」の噂を聞きつけた町中の人々は、閑古鳥が鳴いていたはずの本屋さんに行列をなして駆けつけます。そしてポンチョの本屋さんは、とても大忙しの大繁盛の本屋さんへと様変わりするのでした。

そんなある日の昼下がり、お手伝いをしていたポンチョのもとに駐在さんが駆けつけます。そして、ポンチョの本屋さんが燃えていると言うので大変です。

ポンチョが本屋さんに駆けつけたころには、大きな火柱が上がり、町のみんなは諦めた様子です。ところが、「オイラの たからを たすけなきゃ!」とポンチョは大きな声を張り上げて、燃え盛る本屋のなかへと飛び込んでいってしまうのでした。


ポンチョが命がけで守ろうとした宝とは一体なんだったのでしょうか。そして、火の中へ飛び込んだポンチョは無事だったのでしょうか。

最後は、本屋さんが燃えてしまって何もかもを失ったポンチョのもとに素敵な出来事が訪れます。誰かのために尽くせば、その恩はいつか返ってくるといったような素敵なメッセージや助け合いの大切さを感じるような心温まる物語です。日本語と英語の二か国語で描かれいるのも特徴的な絵本です。

出版社からの内容紹介

ベストセラー『えんとつ町のプペル』に続く! にしのあきひろ脚本・監督の絵本。
不器用で商売下手な本屋さんが、行列のできる人気店になったのはなぜ?
ポンチョと町の人たちが、本を通してつながっていく。優しい優しい物語。
本屋のポンチョは、力持ちだけど不器用で、商売が苦手。 それでもポンチョは、大好きな本に囲まれて幸せに暮らしています。 ポンチョの癖は、面白い本にメモを書き込んだり、ページを折ったりしてしまうこと。そんなことをしたら、売り物になりません。 ところがある日、女の子が訪れて、汚れた本を欲しがります。 「しるしのおかげでポンポンポンチョの ドキドキワクワクよくわかる これは せかい にひとつだけ とってもステキな『しるしぼん』」 町の人たちは、次第にポンチョが汚した「しるし本」を欲しがるようになりました。 そんなときに、お店が火事に! ポンチョは大事なものを取りに火の中へ――。 ポンチョはどうなる? お店はどうなる?

出版社「幻冬舎」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。