絵本

ほのちゃん

出版社からの内容紹介あらすじ

泣いて笑って飛んでって…幻想と現実を行き来する子どもの一日。

ほのちゃん、なく、ほのちゃん、わらう。風船もって飛んで行く。月も一緒に飛んで行く。ほのちゃんは走る。大好きなお父さんに向かって。幼い子どもが幻想と現実を行き来しながら過ごすある一日。一編のショートムービーの様な作品です。

出版社「WAVE出版」より
3歳4歳5歳ファンタジー中野 真典WAVE出版
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。