絵本

ほくとのみずくみ

出版社からの内容紹介あらすじ

「むなかたの海では、七つ星の子どもたちが海の水をくみに、お空からおりてくるというお話があるの」

秋の夜に「水をくみに」現れる、七つ星の子どもたち—北斗七星—。
彼らに会いに、むなかたの海へ行きませんか。

北緯33度付近で、北に海や湖がある地域でしか見ることができない「北斗の水くみ」。
日本では、九州北部海岸でしか見ることができません。
秋の夜半、9月から11月ごろにかけてが見頃です。

出版社「梓書院」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。