絵本

ひよこ

たまごから出てきたひよこが、脇目も振らず一心不乱に向かった先は……?親子の心温まる絆を描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

はじめて絵本を読む親子におすすめ!
思わずほっこり、お子さまをぎゅーとしたくなる一冊です。

絵本の見開きにたまごがひとつ。なんのたまごだろう。

「ぴし!」・・・あれ。たまごにヒビが入った。
「ぴしぴし!」・・・あれれ。さらにヒビが入ってきた!
「ぴしぴしぴし!」・・・
「あ」・・・黄色のいきもの、なんだろう。

「あ!」 ひよこだ!これは、ひよこのたまごだったのかー!

産まれたてのひよこは元気にお散歩。とことこ。
バッタにかめにうさぎさん、ひよこに話しかけますが一心不乱にとことこ歩く。
そんなひよこが通り過ぎて向かうのは、大好きなお母さんのところ!
お母さんの羽の中でぐっすり!出会えて良かったね。

お母さんにわとりと産まれたてのひよこが一緒に寝るシーンは、絵も素朴でかわいく、見るとほっこり。
思わずお子さまをぎゅーっとしたくなります。

出版社からの内容紹介

「はじめての絵本たいむ」シリーズ第7弾!
中川ひろたか&平田利之のシンプルで愉快な赤ちゃん絵本。

親子のあたたかな絆を描いた絵本
たまごのからを割ってでてきたひよこが、わきめもふらずまっしぐらに向かった先は……? そう、もちろん大好きなお母さん!

出版社「金の星社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。