絵本

ひつじのよる

出版社からの内容紹介あらすじ

デビュー作「雲のまにまに」で多くの読者を魅了したヤナキヒロシさんの第2作!
しずかな夜のふしぎな出来事。
ちょっとレトロな雰囲気の装丁で、とってもおしゃれ。

なかなかねむれない男の子がひつじをかぞえます。
ところが、ひつじがたくさん出てきてしまって大騒ぎ。
そこで雲をかぞえると…
こまった!
雨がふってきちゃった。
と、今度はひつじがかぞえはじめます。
でも、そんなものをかぞえたら大変!

絵本「ひつじのよる」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。