絵本

ひまわり

この絵本の内容紹介あらすじ

小さな種が「とん」と地面に落ちます。そして、その種は太陽の光を浴びて「どんどこどん」と芽を出します。

さらに太陽の光を浴びて「どんどこ どんどこ」と葉っぱを広げます。

雨が降り注ぎ、風が吹いても「どんどこ どんどこ」と力強く成長し、ついには立派なヒマワリの花を咲かせます。


縦開きの珍しい絵本です。ヒマワリが上に上にと伸びていくとともに、余白が段々と狭まっていくのですが、この構成だからこそヒマワリの成長がダイナミックに感じられるのでしょう。

「どんどこ どんどこ」のリズムがクセになること間違いなし。きっと、何度も読み返したくなるはずです。

ヒマワリは枯れてしまうと地面に種を落とします。そして発芽して、花を咲かせて、また地面に種を落とします。この絵本を繰り返し読むということは、ヒマワリの命の循環を表現することでもあります。

出版社からの内容紹介

地面に一粒の小さな種が落ちました。お日様の光をいっぱい浴びて、芽が出て、茎がどんどこどんどこ伸びます。雨が降って、たっぷりと地面をうるおし、葉っぱが出て、どんどこどんどこ大きくなります。どんどこどんどこ。強い風が吹いても、大丈夫。月が輝く夜も、どんどこどんどこ伸びていきます。そして、つぼみができ、とうとう大きな大きな太陽のような花が咲きました。どんどこどんどこどん! たて開きの絵本いっぱいに、生命力あふれるひまわりの成長が描かれます。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。