絵本

ひこうき

たくさんの飛行機が登場する赤ちゃん向け絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

高い空の上では飛行機が飛んでいます。この飛行機は、ジェット飛行機なのでたくさんのお客さんが乗っています。

ジェット飛行機が空を飛んでいるとき、地上では、ちょうど水上飛行機が海に着水しました。

畑では、飛行機を使って薬を撒いているところです。浜辺の空では、アクロバット飛行で文字を書いている飛行機が飛んでいました。

街の上ではヘリコプターが飛び、大きな輸送機が見えると荷物を詰め込む人の姿がありました。

海を越えて山を越えて、長い旅もいよいよ終わりが近づきます。ジェット飛行機が飛行場に着陸すると、たくさんのお客さんが降りていきます。

そして、お客さんが降りてしまうと、飛行機の掃除や整備が始まり、トラックが来ると荷物の詰め込みも始まります。

作業を終えると、たくさんのお客さんがジェット飛行機に乗り込みます。そして、管制塔からの確認を終えると、滑走路を走り始め、また高い空へと飛び立っていきます。

ジェット飛行機が飛行場から飛び立つシーンや着陸して整備が始まるシーンなど飛行機に関わる一連の流れが描かれています。また、たくさんの種類の飛行機も登場するので飛行機好きには嬉しい絵本です。

出版社からの内容紹介

たかいそらに、ひこうきがとんでいます。おおぜいのおきゃくさんをのせた、じゃんぽじぇっときです。うみのうえ、やまをこえて、はたけや、まちをとおりこして、ひこうじょうへとうちゃく!

出版社「金の星社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。