絵本

へんしんオバケ

不思議な洞窟をくぐり抜けるとオバケの姿に変身!?ユーモアたっぷりの言葉遊びの絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

あるところに「オバケどうくつ」というとても怖い洞窟がありました。この洞窟をくぐり抜けると、なんとオバケの姿に変身してしまうのです。

ある日、大砲頭の不思議な生き物が「たいほう たいほう・・・」と言いながら洞窟を潜り抜けます。すると、包帯ぐるぐる巻きのミイラが「ほうたい ほうたい・・・」と言って洞窟から出てきました。

またあるときは、竹の体をした不思議な生き物が「タケ タケ タケ・・・」と震えながらも洞窟を潜り抜けます。すると、陽気なガイコツが「ケタ ケタ ケタ」と高笑いしながら洞窟から出てきました。

次に洞窟を潜り抜けるのは怪しい雰囲気のたけしじいさん。「たけし〜たけし〜」と怪しい小言を言いながら洞窟を潜り抜けます。たけしじいさんはどんな姿に変身してしまうのでしょうか?

他にも、お洒落なヤギや慌てん坊のウマ、不思議な生き物たちが洞窟を潜り抜けていきます。


大砲たいほう」が「包帯ほうたい」になったり、「ゴンドラ」が「ドラゴン」になったり、言葉遊びが面白い絵本です。洞窟を潜り抜けるとどうなるか、想像力が掻き立てられます。

出版社からの内容紹介

子どもたちに大ウケ、メチャクチャ楽しいことばあそび絵本。大人気!「へんしんシリーズ」第4弾!

あるところに、こわ~いどうくつがありました。その名も「オバケどうくつ」。
このどうくつをくぐると、なぜかオバケに変身しちゃうんです。

出版社「金の星社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。