絵本

ヘビくんどうなったとおもう?

ヘビくんは何度も何度も木登りに挑戦しますが・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

木のてっぺんでお昼寝しようとヘビくん。
スルスルと木登りを始めるのですが、風に飛ばされて地面に落っこちてしまいます。

それでも諦めないヘビくん。また木を登り始めました。
ところが、雨が降ってくると、滑って地面に落っこちてしまいます。

それでもやっぱり諦めません。
ヘビくんが木登りを始めるのですが、今度は雪が降ってきて・・・。カチカチに凍って木から落っこちてしまいます。

ところが、まだまだ諦めないヘビくん。
また木登りを始めるのですが、次はゴロゴロと雷が鳴りました。ヘビくんは、雷で痺れて木から落っこちてしまいます。

諦めの悪いヘビくんは、お昼寝をするために何度も何度も木登りに挑戦するのですが、しまいには地震に見舞われ落っこちてしまいます。

さすがのヘビくんもとうとう木登りを諦めて、地面で昼寝をすることにしますが・・・。

災難続きのヘビくんですが、無事にお昼寝できるのでしょうか。最後は意外な展開が待っています。

お昼寝をするために何度も木登りに挑戦する繰り返しのお話です。ヘビくんが木登りをするたびに災難が待ち構えており、「ヘビくん どうなったと おもう?」と疑問が投げ掛けられると次の展開が気になります。

ハラハラドキドキのトラブル続きですが、最後は一安心、ほっこりする絵本です。

出版社からの内容紹介

へびくんが、ニョロニョロニョロときのぼり練習。そこへ風がふいてきて。へびくん、どうしたと思う? ピュー・・・ドテッ。かぜにとばされておっこちちゃった。

出版社「ポプラ社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。