絵本

春の苑 紅にほふ

はじめての越中万葉

出版社からの内容紹介あらすじ

奈良時代の有名な歌人で万葉集の編者でもある大伴家持が、越中国に赴任したときの様子を彼の作る和歌を要所要所にはさみながら描きます。企画・富山県、監修・大島絵本館。

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。