絵本

ハリーのセーター

おばあちゃんから届いたバラ模様のセーターが気に入らないハリーは・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

ハリーは、黒斑の白い犬です。誕生日プレゼントにおばあちゃんからセーターが届くのですが、バラの模様が好みではありません。

ハリーがバラ模様のセーターを着てみるとサイズはぴったり。それでもやっぱり、バラの模様が好きにはなれませんでした。

翌日、ハリーは子ども達と町にお出かけします。ところが、道行く人や犬達にバラ模様のセーターを笑われてしまうのです。ハリーは、恥ずかしい思いをしながら、セーターをどこかへ捨ててしまいたいと考えるのでした。

子ども達とデパートに入ったハリーは、ペットショップでセーターを捨てようと試みます。ところが、忘れ物だと勘違いしたおじさんが、ハリーのもとにセーターを届けるのでした。

それでも懲りず、今度は食料品売り場でセーターを捨てようと試みます。すると、忘れ物だと勘違いしたおばさんが、ハリーのもとにセーターを届けるのです。
花屋さんでもセーター捨てようと試みるハリーですが、次は小さな男の子がセーターを届けにハリーのもとへ駆けてくるのです。

デパートではセーターを口に加えていたハリーですが、一緒に出掛けていた子ども達にセーターを着させられてしまいます。それは、セーターをついつい忘れてしまうハリーを気遣ってのことだったのです。

ハリーは、いよいよセーターを捨てることができなくります。家に帰りついても、バラ模様のセーターが恥ずかしくて仲間達と遊ぼうともしません。

ひとりぼっちになったハリーが何をしようかと座り込んでいると、セーターの毛糸がほつれていることに気づきます。そして、ハリーはほつれた毛糸を引っ張り始めるのでした。

ところが、ハリーが夢中で毛糸のほつれを引っ張っていると、鳥が舞い降りてきて、毛糸の端をくわえて飛び去ってしまうのです。ハリーが着ていたバラ模様のセーターは、みるみるうちにほどけてしまい、最後は一本の長い毛糸になって空へ飛んでいくのでした。

ハリーはその突然の出来事にびっくり仰天。でも、バラ模様のセーターがなくなったことが嬉しくて、吠えたり跳ねたりするのです。

ところが、そんなハリーの喜びも束の間。おばあちゃんがハリーのもとを訪ねることになったのです。セーターをなくしたハリーは一体どうするのでしょうか。

出版社からの内容紹介

ハリーは黒いぶちのある白い犬です。ある日、ばらのもようのセーターをプレゼントされました。でも、ハリーはそのもようが気に入りません。セーターを着せられて町を歩けば、人も犬もみんなセーターを見て大笑い。ハリーは、街のあちこちでセーターを脱ぎ捨てようとしますが、そのたびに見つかって大失敗。そんなとき、セーターから毛糸がいっぽんたれているのに気がついて……。あっとおどろく結末が楽しい、ゆかいな物語です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。