絵本

はらぺこあおむし

あおむしがもりもり食べて綺麗な蝶々になるまでの成長物語。数や曜日が楽しく覚えられる、穴あきの仕掛けも面白い絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

言わずと知れた世界的ベストセラーの作家であるエリックカール。
その美しい色彩と独特のタッチで描かれるこの絵本に大人までもが魅了され、絵本のみならずインテリア用品や衣類等のファッションに至るまで幅広い展開でファンが増え続けています。

卵からかえったあおむしは腹ぺこで、月曜日から金曜日までお腹いっぱい様々な食べ物を食べ、やがてサナギになり、綺麗な蝶々になって大空へ羽ばたいていくというごくシンプルなお話です。

お話は、葉っぱの上にちょこんとある小さな卵をお月さまが見ているというところから始まります。
暖かい日曜日に、その小さな卵から小さななあおむしは生まれました。生まれたばかりのあおむしは、お腹がぺこぺこです。

そこでおあむしは、月曜日にはりんご1つ、火曜日には梨を2つ、水曜日にはすももを3つ、木曜日にはいちご4つ、金曜日にはオレンジを5つ食べます。

それでもお腹がいっぱいにならないあおむしは、土曜日にはチョコレートケーキ、アイスクリーム、ピクルス、チーズ、サラミ・・・・といろんなものをたくさん食べてしまいます。

食べ過ぎてしまったためにお腹が痛くなったあおむしは、ついには泣いてしまいます。でも、日曜日には緑の葉っぱを食べて具合もよくなるのでした。

あおむしは、たくさんのものを食べたのでふとっちょになって、サナギになり、何日も眠ります。そして、眠りから覚めたあおむしは、きれいな蝶々になるのでした。

多くの読み聞かせ教室などで選ばれ続けているのは、色彩豊かで美しい絵だということ以外にも、曜日が覚えられる、数の数え方が覚えられる、食べ物の名前や蝶々の育ち方など色々な要素が盛り込まれていることが大きな要因でしょう。また、食べ過ぎたらどうなっちゃうのかな、なんていうことまでも自然と素直に習得できてしまうのも大きな魅力のひとつなのかもしれません。

知らない人も意外に多いですが、この絵本のおすすめポイントは歌があることです。絵本に集中してくれないお子さんも歌があると自然と集中して見るようになります。

また、絵本の読み聞かせの仕方が分からないと悩んでいるお父さんお母さんにもおすすめなのがこの絵本。歌があるので歌に合わせて読んであげるとお子さんも自然と興味を持ってくれることでしょう。何度も読んでいると次第に歌を覚え、一緒に歌いながら読むことが出来ます。あおむしが好きな物を食べる時の歌が子どもには特に人気があるようです。

出版社からの内容紹介

小さなあおむしは、もりもりと食べつづけて美しい蝶になった。数や曜日の認識をおりこみ、穴あきのしかけをこらした斬新な絵本。

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。