絵本

葉っぱのフレディ いのちの旅

葉っぱのフレディーの一生を通して、人生を考えるきっかけを与えてくれる絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

葉っぱのフレディーは、春に大きな木のこずえ(樹木の先の部分)に近い、太い枝に生まれました。
それから、五つに分かれた葉っぱの先は力強く尖り、夏には立派な体に成長します。

フレディーは、自分と同じような形をしているたくさんの葉っぱに囲まれています。隣の葉っぱはフレッド、右側にベン、上にはクレア。みんな同じ春に生まれた葉っぱ達です。春風に誘われて踊り、日光浴をして、雨で体を洗い、フレディーはみんなと一緒に成長していきます。

なかでもダニエルとフレディーは親友でした。ダニエルは物知りで、フレディーが葉っぱであること、木の根っこは地面に根付いていること、月と太陽が秩序正しく空を回っていること、たくさんのことをフレディーに教えてくれます。

そうして賑やかで楽しい夏はあっという間に過ぎ去り、秋になると寒さが強くなってきます。それから、霜が降りるといよいよ冬が近づいてきました。

緑色の葉っぱ達は、赤や黄色や紫のとっても綺麗な紅葉に染まっていきます。緑の葉っぱとしてみんな一緒に生まれ、一緒に成長してきたのにどうしてみんな違う色に染まっていくのだろうか、フレディーに疑問が芽生えます。

同じように生まれても太陽のあたる角度や風の通り具合、それ以外にもたくさんの違いを経験してきたからこそ、みんな違う色に染まるのだと、ダニエルがフレディーに語りかけます。

冬が近づくと風は冷たくなり、次々と葉っぱを巻き上げます。そして、巻き上げられた葉っぱ達は、地面へと落ちていくのです。その様子を見たフレディーは、寒くて怖くて仕方がありません。

フレディーは、生きることの意味や死ぬことの意味、様々な疑問を抱きます。これらの疑問にフレディーはどんな答えを見出していくのでしょうか。

この絵本は、葉っぱの一生を通して命の循環を描いたお話です。春に生まれ、夏に大きく成長し、秋に紅葉となって、冬には枯れゆく、そして春には新たな命の営みが始まる、そのようにして命が巡り巡っていくことを優しく語りかけてくるような物語です。

なぜ自分が生まれてきたのか、何のために生きているのか、そしてなぜ死ぬのか、誰もが抱く疑問を葉っぱの一生を通して描き、人生を考えるきっかけを与えてくれる絵本です。絵と写真で物語を綴ります。

出版社からの内容紹介

この絵本を、自分の力で「考える」ことをはじめた子どもたちと、子どもの心をもった大人たちに贈ります。わたしたちはどこから来てどこへ行くのだろう。生きるとはどういうことだろう、死とは何だろう。人は生きているかぎりこうした問いを問いつづけます。この絵本が自分の人生を「考える」きっかけになってくれることを祈ります。

この本はアメリカの著名な哲学者レオ・バスカーリア博士が書いた、生涯でただ一冊の絵本です。

この絵本の原書を手にしたとき、編者はすぐに出版を決意し、契約にサインしました。絵本の中には編者の決意をうながすキーワードがありました。

CHANGE IS NATURAL

作者のバスカーリア博士は敬虔なクリスチャンです。変わることは自然なことだ、死もまた変わることの一つだ、と書いています。

日本人の死生観と同じです。そして、物語は、春に生まれた葉っぱのフレディが、夏にはよく働き成長し、秋には紅葉し、冬には死ぬけれど、また春に生まれるという、いのちの循環を書いたものです。出版後、原書をあらためて読み直して、このフレーズを探したのですがどこにもありません。未だもって不思議なことだと思っています。

この地球上では太古の昔から、いのちの循環が行われています。バスカーリア博士は、子どもたちに向かって絵本を作るとき、哲学のみならず自然節理の観点からも、生態系循環の真実を語りました。

2004年3月、「葉っぱのフレディ」は出版累計100万冊に達しました。真実に根ざした絵本ですから、これからもたくさんの読者の方に読まれていくのだと思います。

出版社「童話屋」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。