絵本

ヘンゼルとグレーテル

出版社からの内容紹介あらすじ

森の奥に置いていかれた幼い兄妹はお菓子の家にたどり着くが、そこは恐ろしい魔女の家だった。那須田淳と北見葉胡が、美しく、深く、グリムの世界を表現した注目の一冊!

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。