絵本

ハンナのひみつの庭

出版社からの内容紹介あらすじ

ママが死んでから、弟とパパの面倒をみるのはハンナの役目。ある日ハンナは、仕事のことばかりで家族に無関心なパパに愛想をつかし、ママが大切にしていた庭へ家出します-オランダ〈銀の石筆賞〉受賞の姉妹作家が、やわらかい絵と詩情ゆたかな文で、家族の絆について静かに問いかける絵本。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。