絵本

はいチーズ

隣の芝生は青いと言いますが、憧れている物がほんとに自分が欲しい物なのでしょうか?よしふみくんは、ふじいのよっちゃんがいつも食べている肉屋のチーズが美味しそうで羨ましくてたまりません。

この絵本の内容紹介あらすじ

ちょっと気の抜けた表情のキャラクターたちが織りなす脱力感溢れる絵本です。

この絵本の主人公は、5才のよしふみくん。ちょっとあほなそうです。

よしふみくんは、近所に住んでいるふじいのよっちゃんがいつも食べている肉屋のチーズが美味しそうで羨ましくてたまりません。

よしふみくんは、神様に嘆くのです。「ああー。ぼくはあかんにんげんやろか。うらやましい。」

食べたことはないけれど、ふじいのよっちゃんがいつも食べているので羨ましくてたまりません。

ある日、お母さんと買い物に出かけたとき、肉屋のチーズを買ってとせがむのでした。でも、お母さんは「あんなんおいしないで」と言うのです。

お決まりの断り文句が出たと思ったよしふみくんは、それでも肉屋のチーズをせがみます。とうとう、お母さんは諦めて、よしふみくんに肉屋のチーズを買ってあげることになりました。

夢にまで見た憧れの肉屋のチーズを手に入れたよしふみくんはワクワクドキドキ。肉屋のチーズはどんな味がするのでしょうか。

他人の物が欲しくなるのは人間の性(さが)なのかもしれませんね。大人も子どもも少なからずそういった傾向を持っているものです。

隣の芝生は青いと言いますが、憧れている物がほんとに自分が欲しい物なのでしょうか。この絵本はそんなお話。

出版社からの内容紹介

よしふみくん 5さい
ちょっと...あほ

よしふみ少年が、あこがれた、あこがれた食べ物、それはチーズ。
ふじいのよっちゃんがいつも食べているチーズ。
肉屋で売っているチーズ。
おかあちゃんが買ってくれないチーズ。
「きょうこそ、おかあちゃんにたのんでみよう」
よしふみ少年は、そう心に決める。
「おかあちゃん、チーズこうてえな」そして、ついに...!
ユーモアとペーソス。心にストライク!

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。