絵本

ぐりとぐら

この絵本の内容紹介あらすじ

野ねずみのぐりとぐらは、料理することや食べることが大好きです。

ある日、二匹は食材探しに森の奥へと出かけました。そして、大きなカゴにドングリや栗を拾い集めていると、予想外のものを発見するのでした。

驚いたことに、道の真ん中には大きな卵が落ちていたのです。

カステラ作りの準備開始!

ぐりとぐらは、大きな卵を見つけて大喜び。目玉焼きにしようか、卵焼きにしようかと考えた末、カステラを作ることに決めました。

ところが、この卵はあまりに大きく、持ってきたカゴに入りません。担いで持ち帰ろうにも、転がして持ち帰ろうにも、割れてしまうと大変です。

ぐりとぐらは、腕組みをしながら良い方法を考えました。そして、この場で料理することを思いつき、さっそく家に帰って準備を始めました。

大きなリュックサックには、小麦粉にバターにボウルに泡立て器にと、たくさんの食材や道具を詰め込みました。

けれども、肝心の鍋は大き過ぎて入りません。仕方がないので、引っ張ったり、転がしたりして運びました。

いよいよ調理開始!

ぐりとぐらは森に戻ってくると、それぞれエプロンを着て、カステラ作りを始めました。

ところが、ぐりがゲンコツで叩いても、卵は割れませんでした。予想以上に硬く、石で叩くとようやく割れたのです。

出鼻をくじかれつつも、カステラ作りはこれからが本番。

ぐりは、卵の中身をボウルへ流し込むと、砂糖と一緒に泡立て器でかき混ぜ、牛乳と小麦粉も入れました。

カステラの生地が出来上がるまでの間に、ぐらは石積みのかまどを作り、薪を集めました。

そうしてカステラ作りが順調に進むと、最後は鍋で焼き上げるだけ。ぐりとぐらは丸太に腰掛け、愉快な歌を歌って、焼き上がるのを待ちました。

そんなとき、どこからともなく森の動物達がやってきて……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

ぐりとぐらの歌が可愛かったなぁ。

ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら

出典:ぐりとぐら/福音館書店

アイコン画像

ぐり ぐら ぐり ぐら ♪
ついつい口ずさみたくなっちゃうね!

アイコン画像

うんうん。
それに、実際にカステラを作って食べたくなったよ。美味しそうだったよね!

出版社からの内容紹介

お料理することと食べることが何より好きな野ねずみのぐりとぐらは、森で大きな卵を見つけました。目玉焼きにしようか卵焼きにしようか考えたすえ、カステラを作ることにしました。でも、卵があまり大きくて運べません。そこでフライパンをもってきて、その場で料理することにしました。カステラを焼くにおいにつられて、森じゅうの動物たちも集まってきます……。みんなの人気者ぐりとぐらは、この絵本で登場しました。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。