絵本

ぐりとぐらのおおそうじ

この絵本の内容紹介あらすじ

ある朝、カーテンの隙間から日の光が差し込むと、野ねずみのぐりとぐらは目を覚ましました。それから、ぐらが窓を開けると、爽やかな香りが優しく吹き込んできます。とうとう春が来たのです。

そうして軽やかな気持ちになって、今度は朝ごはんを食べていると、ぐりとぐらは家の中がホコリだらけなことに気づきました。冬の間、大雪で窓が塞がり、閉め切って暮らしていたからです。二匹はさっそく、大掃除に取り掛かることにしました。

「おひさま ぽかぽか うれしくて ほこりも ふわふわ おどってる ぼくらは これから おおそうじ」

ぐりとぐらは、チョッキを脱いで腕まくりをして、そのようにご機嫌に歌います。ところが、その拍子にホコリを吸い込んでしまい「はっくしょん!」とくしゃみをしてしまいました。

そこで、ぐりとぐらは、ホコリ除けにマスクとゴーグル、帽子を用意します。マスクの代わりに、マフラーで口と鼻を隠せば、スキーのときと同じ格好でした。

それから今度は、掃除道具を用意しようと物置を開けますが、そこには壊れたものばかり。ホウキもハタキも雑巾も、使い物になりません。困ったぐりとぐらは、それらの代わりを作ることにしました。作ると言っても愉快で楽しい方法です。

まずは、ぐりが雑巾作り。ボロボロの靴下を三枚重ね履きして、同じくボロボロのセーターを着て、破れたズボンを履いて・・・。そうやって、ぐらは自分自身が雑巾になりました。お腹で床を滑ったり、お尻で床を滑ったり、ぐらはすっかり雑巾名人です。

そして今度は、ぐらがホウキとハタキ作り。ボロボロの布切れの束を、足に巻いたり、手に持ったり。そうして、ぐらは自分自身がホウキとハタキになりました。ゴソゴソと歩いたり、パタパタと手を振ったり、ぐりはすっかりホウキ・ハタキ名人です。

そんなとき、ウサギのギックがぐりとぐらを訪ねてきました。そして、窓から部屋を覗いてびっくり。雑巾お化けとホウキ・ハタキお化けがいたのです。それを見て、ギックは慌てて仲間達のもとに駆け戻り・・・。


この絵本は、ちょっとした驚きを描きながら、爽やかな春と大掃除の清々しさも描きます。読み聞かせたあと、窓を開け放って大掃除したくなるかもしれません。

出版社からの内容紹介

雪に閉ざされた長い冬が終わった春の朝、ぐりとぐらが、窓を大きく開けて朝ごはんを食べていると、なんと家中ほこりだらけ! 「今日の仕事は、大掃除」と2ひきは張り切りますが、ほうきもはたきも雑巾も、すり切れて使いものになりません。そこで、ぐりとぐらは、ぼろ布を体中に巻きつけて、自分たちがほうきや雑巾になることにします。大掃除もぐりとぐらにかかると、こんなにダイナミックに楽しくなります!

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。