絵本

ぐりとぐらのおおそうじ

ぐりとぐらのダイナミックな大掃除がとっても愉快で楽しいお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

カーテンの隙間から朝日が差すと野ねずみのぐりとぐらは目を覚ましました。
そして、カーテンを開けて窓も開けると春の匂いが舞い込んできます。

朝ごはんの時間、ぐりとぐらは部屋の中が埃だらけであることに気がつきます。
寒い冬の間は窓を閉め切っていたので埃が溜まってしまったのです。

そこで、ぐりとぐらは大掃除を始めることにします。二匹はチョッキを脱いで腕まくりをして張り切った様子です。
それから、マスク代わりにマフラーで口と鼻を覆い、ゴーグルと帽子をしました。

さてこれから大掃除を始めようと掃除道具を取りに物置に行きますが・・・、箒もはたきも雑巾もボロボロで使い物になりません。

困った二匹でしたが、ぐりがあることを思いつきます。そして、穴の空いた靴下や破れたシャツなどボロ切れを集め始めました。

ぐりは、破れた靴下を履き、穴あきセーターを着て、破れズボンを履いて、手袋をはめてカーテンを巻きつけると自分自身を雑巾に見立てたのです。

続いてぐらは、シャツやタオルのボロ切れを束にして足に括り付けると自分自身を箒に見立てました。

ぐりとぐらは工夫をしながら一生懸命に楽しそうに大掃除を始めます。二匹のお家は綺麗になったのでしょうか。

出版社からの内容紹介

雪に閉ざされた長い冬が終わった春の朝、ぐりとぐらが、窓を大きく開けて朝ごはんを食べていると、なんと家中ほこりだらけ! 「今日の仕事は、大掃除」と2ひきは張り切りますが、ほうきもはたきも雑巾も、すり切れて使いものになりません。そこで、ぐりとぐらは、ぼろ布を体中に巻きつけて、自分たちがほうきや雑巾になることにします。大掃除もぐりとぐらにかかると、こんなにダイナミックに楽しくなります!

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。