絵本

ごきげんならいおん

出版社からの内容紹介あらすじ

ある町の動物園にライオンが暮らしていました。安全で楽しく、見物人も親切で、ライオンは動物園でいつもごきげん。ところがある日、檻のカギが開いていたので、動物園をぬけだし町に出かけてしまいます。いつもライオンを見物にきていた町の人たちはライオンを怖がって一目散に逃げ出してしまいます。ライオンをつかまえようと消防車まで出動して町は大騒ぎ! 消防士たちが長いホースをつかってライオンをつかまえようとしたそのとき……。

絵本「ごきげんならいおん」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。