絵本

ごぶごぶ ごぼごぼ

「ぷくぷく」「しーん」など不思議な擬音とカラフルな図形で赤ちゃんの感性を育む絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

「どーん、ごぶごぶ、ごぼごぼ」などおもしろい音と不思議な絵が描かれた絵本です。

こちらの絵本は厚紙の絵本なので赤ちゃんが舐めたり引っ張っても破れず安心です。

絵本をめくると「ぷーん」という言葉とカラフルな円が描かれており、真ん中には穴が開いています。
さらにめくると、「ぷく ぷく ぷく ぷくん」という言葉と所々に穴があいています。

大人が読むと何じゃこれ?と思うかもしれません。

しかし赤ちゃんにとっては、新鮮な言葉の響き、鮮やかな色合いの図形、指を入れたくなる小さな穴が、とても良い刺激になるのです。そして、赤ちゃんの感性を育むことにもつながります。

既成概念にとらわれず、ぜひお子さんと一緒にアートで不思議な世界を楽しんでみてください。

出版社からの内容紹介

「ぷーん」「ぷくぷくぷく」「ぷぷぷ」などの音(言葉)の響きやリズムの楽しさを、色あざやかなオレンジ、赤、青などの丸の動きで子どもたちに届けます。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。