絵本

ごぶごぶ ごぼごぼ

不思議な言葉の響きや鮮やかな色合いが赤ちゃんの感性を育む。直感的に楽しむ穴開きの仕掛け絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

「ぷーん」

「ぷく ぷく ぷく ぷくん」

「ぷ ぷ ぷ ぷぷ ぷ」

「ど ど どぉーん」

カラフルな丸い点を散りばめ、オノマトペを添えた絵本です。まるで水の中で泡が吹き出すような、そんな場面を連想してしまいます。見る人によって印象が変わることでしょう。

何か意図するものがあるのかもしれないし、ないのかもしれません。いずれにせよ、直感的に楽しむのが醍醐味。穴あきの仕掛けも楽しいリズミカルな絵本です。

出版社からの内容紹介

「ぷーん」「ぷくぷくぷく」「ぷぷぷ」などの音(言葉)の響きやリズムの楽しさを、色あざやかなオレンジ、赤、青などの丸の動きで子どもたちに届けます。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。