絵本

がんばれパトカー

警察官のお仕事ってどんなお仕事?日常のお仕事から強盗犯を追跡する手に汗握るお仕事まで警察官のお仕事がぎゅっと凝縮されたお話。パトカーやヘリコプター、警察艇、たくさんの乗り物が魅力的な絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

おまわりさんってどんな仕事かな?これは実際に街で見かけるような場面を、わかりやすくストーリーに仕立てた絵本です。駐車違反の車を取り締まったり、信号で歩行者を誘導したり、時には道案内をしたり。厳しく、そして優しく、街の人達のために働いてくれています。

おまわりさんのおかげで街が平穏になったな〜と思ったその瞬間、なんと宝石店で強盗事件が発生!

後半は、強盗犯の乗った車をパトカーが追いかける、手に汗握る展開が続きます。パトカーは無線で応援を要請。するとたくさんのパトカーやヘリコプター、警察艇まで登場します。犯人の乗った車を追い詰めるシーンは見応えがありますよ。

この絵本のお楽しみのひとつは、パトカーなどのはたらく車が好きな子どもにはたまらない、運転席のイラストが最後に載っていること。「ここのスイッチを押すとサイレンが鳴るんだね」「パトカーにはミラーがたくさんついているんだね」など、このページだけで子どもとの会話が盛り上がりそうです。

子どもにとっておまわりさんはヒーローそのもの。悪者をやっつけ、平和を守る存在です。サイレンを鳴らしたパトカーを見ると興奮してしまうのも無理はありません。いつもの何気ない日常は、こうした人達の仕事によって守られていることを知ってほしいですね。

出版社からの内容紹介

平和な町のパトロールから一転、宝石強盗団を追跡する迫力のカーチェイスへ。細かく描かれた、たくさんの乗り物が魅力的な絵本。

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。