絵本

ガジュマルの木の下で

26人の子どもとミワ母さん

出版社からの内容紹介あらすじ

タイでは、HIV/エイズウィルスに母子感染すると、平均2歳で両親を亡くし、5歳で死亡する。チェンマイ市郊外の感染孤児施設「バーンロムサイ(ガジュマルの木の下の家)」で、大きな家族として暮らす26人の子どもたちの日々の輝きと、発病させずに普通に生活させたいと願うスタッフやボランティアの思いを伝える。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。