絵本

ふとんちゃん

出版社からの内容紹介あらすじ

意表をつかれる展開の妙。
ドキドキした後のなごみ感。

空から、すとんと落ちてきたふとんちゃん。
「どうしたの」「どうしたの」と、つぎつぎに変化していきます。

ふとんちゃんから赤ずきんちゃんへ。
赤ずきんちゃんから団子へ。
団子からリンゴへ。
リンゴからゴリラへ。

意表をつかれる展開の妙。
ドキドキした後のなごみ感。
どちらもたっぷり味わえる。
「この面白さは、はじめてだ」
そんな声が聞こえてきそうなユーモア絵本です。

きむらよしおさんからのメッセージ

とんで とんで ふとんちゃん
どこからきたのか ふとんちゃん
しょうたいふめいの ふとんちゃん
ぱぱっと へんしん
ダンス ダンス ダンス
どんどん へんしん
ダンス ダンス ダンス
きょうも よのため ひとのため
とことん へんしん ダンスして
つかれて やすんで ねむります

絵本「ふとんちゃん」の一コマ

絵本「ふとんちゃん」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。