絵本

フレデリック

ちょっと かわった のねずみの はなし

怠け者のような変わったねずみの心温まるお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

ある牧場まきばの石垣の中で野ねずみ達が暮らしています。
野ねずみ達はこれから来る冬に備えて、トウモロコシや木の実、小麦やわらを集めて運んで、昼も夜も一生懸命に働きます。

でも、一匹の野ねずみフレデリックだけは怠けている様子で、みんなと一緒には働いていませんでした。
他の野ねずみ達がフレデリックに働かない理由を尋ねると、体をじっと丸めて日向ぼっこしながら、これでも働いているというのです。
フレデリックは、暗くて寒い冬に備えて、お日様の光を集めていると言うのでした。

フレデリックは、今度は牧場まきばをじっと見つめ始めます。
他の野ねずみ達が何をしているのか尋ねると、冬は灰色だから色を集めていると言うのです。

フレデリックが居眠りをしている様子だったので他の野ねずみ達が何をしているのか腹を立てて尋ねます。
すると、長い冬に話の種が尽きてしまわないように言葉を集めているのだと言うのでした。

そうやって冬も本番がやってくると、野ねずみ達は石垣の中にこもって、冬が去るのを待つ日々が始まります。
最初のうちは話すこともたくさんあって食料も豊富にあるので楽しそうに暮らしていた野ねずみ達ですが、食料も底を尽き始めて寒さが一段と厳しくなると、どんよりした雰囲気が漂い始めます。
そんなとき、フレデリックがいろんなモノを集めていたことを思い出した野ねずみ達は、さっそくフレデリックの元に集まります。そして・・・・。

最初は言い訳のように聞こえていたフレデリックの言葉ですが、それが言い訳や怠けではなかったことを知ったとき、新しい価値観に触れることができるでしょう。

みんなと一生懸命に汗を流しながら働くことも大事なことですが、違った視点や角度からみんなのために役割を担うことも大事なことだと気づけるお話です。
芸術や文化といった抽象的な価値観を改めて見直すきっかけになる絵本なのかもしれません。

出版社からの内容紹介

仲間たちが冬に備えて食べ物を貯えているのに、フレデリックだけは何もせず、ぼんやりしていました。やがて寒い冬が来て…

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。