絵本

ズボンのクリスマス

クリスマスの三つのおくりもの

クリスマスパーティーに出かけるというのにまったく言うことを聞かない少年に起きた不思議なお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

子どもが大人の言うことを聞かない時に「おもちゃが怒ってどっかに行っちゃうぞ」とか「早くしないと出られなくなっちゃうよ」と言っても通用するのはホントに小さいうちだけですよね。

このお話に登場する「もっくん」もそのうちの一人。言うことをちっとも聞いてくれません。

みんなでおじいちゃんとおばあちゃんのおうちのクリスマスパーティーに出かけるというのにお兄ちゃんのもっくんはまだ出かける支度をしていません。
おかあさんが「ズボンがパーティーに行きたがってるわよ」と言ったのに知らん顔をして遊んでいます。

おとうさんが「したくのできないこはおいていこう」と言って、みんな出かけてしまったのに、それでももっくんはまだ遊んでいました。

でも、ズボンはパーティーに行きたかったんですね。もっくんのことをつつきます。それでも、もっくんは遊んでます。もう待ちきれなくなったズボンは、もっくんをおいて外に飛び出しました。

「あ、あ、あっ!」もっくんも慌てて走り出します。

一生懸命追いかけて、結果的に一番におじいちゃんのうちに着いて、「よく、きた。よく、きた。一番にきたな」と褒めてもらったもっくん。みんなも無事におじいちゃんとおばあちゃんのおうちに着いて楽しいクリスマスパーティーの始まりです。

最後のページに、かすみちゃん作曲、れいちゃん作詞の「クリスマスのおおさわぎ」という曲の歌詞と楽譜がおまけについています。

3歳4歳5歳家族・友達林 明子福音館書店

出版社からの内容紹介

なかなか仕度をしないもっくんをおいてみんながパーティーに出かけると、もっくんのズボンはそわそわ、みんなを追って走り出し、もっくんはそれを追って……。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。