絵本

どうぞのいす

「どうぞ」の優しさが込められた椅子。その『どうぞのいす』から「どうぞ」の気持ちが繋がっていき・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

うさぎさんは木の板をノコギリで切って、金槌で釘を打って、小さな椅子を作りました。

「さて、この いす、どこへ おこうかな。」

うさぎさんは少し考えて良いことを思いつくと、『どうぞのいす』と書いた立て札も作ります。そして、野原の大きな木の下に椅子を置いて、横には立て札も立てました。

そこにやってきたのはカゴを背負ったロバさん。「おや なんて しんせつな いすだろう。」と言って、ドングリの詰まったカゴを椅子の上に置きました。ロバさんは椅子に座る代わりに、大きな木の下に腰掛けます。背中が軽くなった分、ロバさんは気持ちが良くなって、ついつい眠り込んでしまうのでした。

そこへ今度はクマさんがやってきました。椅子を見ると「これは ごちそうさま。どうぞならば えんりょなく いただきましょう。」と言って、カゴの中のドングリを夢中で平らげてしまいます。

これでは次に来る動物が気の毒です。そこでクマさんは、蜂蜜の入った瓶を椅子の上に置いて帰りました。

その次にはキツネさんがやってきました。椅子を見ると「まあ ごちそうさま。どうぞならば えんりょなく いただきましょう。」と言って、瓶の中の蜂蜜をペロリと平らげてしまいます。

これでは次に来る動物が気の毒です。そこでキツネさんは、焼きたてのパンを椅子の上に置いて帰りました。

そして今度は10匹のリスさんがやってきて・・・。

『どうぞのいす』の上に置かれたドングリは、次から次へと違うものにすり替わっていきます。ロバさんが目覚めたころには、一体何が置かれているのでしょう。


「どうぞ、ご自由にお座りください」のはずの「どうぞ」が、いつの間にやら「どうぞ、ご自由にお召し上がりください」の「どうぞ」に意味が変わってしまいます。

繰り返しのお話しながら、この予想外の展開に、ついつい見入ってしまうことでしょう。

「どうぞ」の意味は変わってしまいますが、うさぎさんが込めた「どうぞ」の優しさは、次へ次へとバトンのように繋がっていきます。

出版社からの内容紹介

うさぎさんが作った椅子をめぐって次々に繰りひろげられる取りかえっこ。「どうぞ」にこめられた優しさが伝わってくるロングセラー絵本。

出版社「ひさかたチャイルド」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。