絵本

どうするティリー?

その『当たり前』は、本当に当たり前? 世界を変えた一匹の野ネズミの物語。

この絵本の内容紹介あらすじ

野ネズミ達が暮らす所に、壁が天高くそびえ立っていました。壁のなかった頃を覚えている野ネズミは誰もいません。

壁の向こうに何があるのか。そもそも向こうなんてものがあるのか。野ネズミ達は、そんなことは気にしていません。そこに壁があるのは当たり前で、もともと壁なんかなかったかのように日常を暮らしていました。

野ネズミ達はとてもお喋り好きだというのに、壁のことを口にする者はいません。そんななか、一番若いティリーだけは、壁を見つめて、向こう側のことを考えていました。

夜も更け、みんなが寝静まった後も、ティリーは壁の向こう側のことを考えます。見たこともない生き物達が住む、美しい不思議な世界を想像するのでした。

ある日、「むこうがわを みなくちゃ だめよ」とティリーは決心しました。そして、友達と協力して壁を登ろうと試みるのですが、壁はどこまでも高く続いています。

そこで今度は、壁に穴を開けようと考えます。野ネズミ達は、錆びた釘を使って壁に穴を開けようと試みますが、いくら頑張っても硬い壁には傷の一つもつきません。

壁はどこかで終わっているはずだと、野ネズミ達は壁に沿って何時間も歩きますが、それでも終わりはありません。

そんなある日、壁の近くでミミズが地面を潜っていました。それを見たティリーは、夢中になって穴を掘り続けました。すると突然、眩しい光が差し込みました。ティリーはとうとう壁の向こう側に辿り着いたのです。

ティリーは壁の向こう側で何を見たのでしょう。


この物語に登場する壁のように、私たちの日常にも当たり前になって気にも留めないことがたくさんあるはずです。仕事や育児、常識や決まり事、様々なことに思いを巡らせれば、何か違和感を感じることがあることでしょう。

その当たり前になったものは、本当に当たり前だと思い込んでいいものなのでしょうか。そのなかには、改めて考え直すべきものがあるのかもしれません。この絵本は、そんな気づきを与えてくれるように感じます。

出版社からの内容紹介

あきらめないで!どんなに高い壁だって乗り越える方法はきっと見つかる。小さな知恵と勇気で世界を変えた1ぴきのねずみの物語。

出版社「あすなろ書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。