絵本

どうするジョージ!

犬のジョージ、今日はひとりでお留守番。いい子にしていられるでしょうか?

この絵本の内容紹介あらすじ

犬のジョージ、今日はひとりでお留守番です。
飼い主のハリスが「ちょっと でかけてくるけど、るすのあいだ ひとりで いいこにしていられるかい?」と尋ねるとジョージは「もちろん」「いいこにしています!」と元気に答えました。

ジョージはいい子にしていようと思いますが、台所に行くと美味しそうなケーキが置いてあります。さてさてどうするジョージ!
いい子にしているはずが我慢ができずむしゃむしゃケーキを食べてしまいました。

次こそいい子にしていようと思いますが、猫を見つけると追いかけたくてしょうがなくなりました。さてさてどうするジョージ!
やっぱり我慢ができません。ついつい猫を追いかけまわしてしまいます。

次こそは次こそいい子にしていようと思いますが、花壇に植わった花を見つけてしまい根っこを掘り返したくてしょうがありません。さてさてどうするジョージ!

ハリスが家に帰ってくると家の中はめちゃくちゃです。ジョージは怒られてしまうのでしょうか。そして、ジョージは悪い子だったのでしょうか。

いい子にしていようと思ってもいざ目の前に誘惑があると約束を守れないものです。これは子どもだけではなくて、ときには大人も同じなのではないでしょうか。

いい子にできなかったジョージですが、次こそはいい子にしていられるでしょうか。いい子にできなかったジョージに対するハリスの対応に子育てのあり方を改めて考えさせられる絵本です。

出版社からの内容紹介

いぬのジョージは、きょうは、ひとりでおるすばんです。
「いいこにしていられるかい?」と聞かれて、 「もちろん!」とこたえたジョージですが、 ケーキやねこや花や、すきなものを見つけて…。
さて、ジョージのとった行動は? 『ちょっとだけまいご』『しーっ!ひみつのさくせん』の作者クリス・ホートンによる人気絵本。
10カ国語以上に翻訳されています。

出版社「BL出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。