絵本

どうぶつにふくをきせてはいけません

動物に服を着せるとどうなるの?くすっと笑いが止まらないユーモアたっぷりナンセンス絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

家で犬や猫を飼っていて洋服を着せている家庭には、ちょっぴり罰の悪いタイトルかもしれませんが、とってもユーモラスでくすっと笑ってしまうお話ですのでぜひ親子で楽しんでみてください。

動物のシュールな表情に短い言葉が添えられたシンプルな絵本です。
最初に登場するのは、ヤマアラシ。「ヤマアラシはとんでもないことになるし」という言葉が添えられています。ヤマアラシの針毛が洋服を突き破ってたしかにとんでもないことになっていますね。

次に登場するのは、フタコブラクダ。「ラクダは乗せる場所を間違えるし」という言葉が添えられています。帽子が二つそれぞれのコブに乗っていますね。たしかに頭ではなくコブに帽子を被ってしまい間違えてますよね。

他にもたくさんの動物が登場します。例えば、中盤で登場するのはキリン。「キリンは間が抜けているし」という言葉が添えられています。長い首にネクタイや蝶ネクタイがいくつも結ばれています。

他には、ヘビやネズミ、ヒツジにブタにニワトリ、カンガルーやヤギ、セイウチ、トナカイ、フクロネズミ、最後はゾウが登場し、全部で14種類の動物が出てきます。

とってもテンポのいいリズミカルな絵本ですので最初っから最後まで飽きることなく読んでしまうことでしょう。お子さんには何度も読み聞かせてほしいとせがまれるかもしれませんね。

出版社からの内容紹介

アメリカでロングセラーの人気絵本。
子どもも大人も笑わずにはいられない、ユーモアたっぷりのナンセンス絵本。

綿密に描かれ、まじめな顔をした動物たち。
しかし、洋服を着た動物たちが置かれている状況はおかしなことに・・・・・・。

どうぶつに ふくを きせては いけません。 なぜなら・・・・・・

出版社「朔北社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。