絵本

どっちもね

出版社からの内容紹介あらすじ

ユーモアたっぷり!ダブルミー二ング絵本!

「ひつじ からかう」「ひつじから かう」
「だちょう とばっちり」「だちょうと ばっちり」
「カピバラ といあわす」「カピバラと いあわす」

一つの言葉に二つの面白さ!
これぞ、ダブルあっはっは絵本。
言葉遊びが大好きな人へのプレゼントにもピッタリ。
こどももおとなも大満足の絵本です。

おおなり修司さんからのメッセージ

まず左ページをご覧ください、次に右ページをご覧ください、そして両方を見比べると~、ほら!どっちもね!
高畠さんの最高にピースな絵の世界と、僕のちょっとおかしな言葉の世界を、ただただ楽しんでください。

高畠純さんからのメッセージ

ことばあそびの絵本はいろいろありますが、これまた新しいスタイルの絵本です。
たとえば「いぬ とくい」と「いぬと くい」。
「と」の一字を動かすだけで、まったく意味が違ってくる。
意味が違うということは、絵も違ってくる。
かなりゲーム性の高い、また良質のことばあそびだと感じたのです。
当然、絵も楽しく、おもしろく描くことができました。
この絵本をみたら、きっと自分でもこのあそびに挑戦したくなるはず。
でも、そう簡単ではないよ……。ぼくもやってみたけどね。
おおなり修司さんはそれをサラリとやってしまったよ。
どうぞ、声をだして読んでみてください。

絵本「どっちもね」の一コマ

絵本「どっちもね」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。