絵本

どっちからよんでも -にわとりとわに-

出版社からの内容紹介あらすじ

どっちから読んでも同じことば!

どこか力の抜けた回文と、味わい深い絵が合体して楽しい絵本になりました!

一見なんでもない回文に絵がつくと、不思議な味わいが生まれます。
これこそが絵本、絵の力ですね。
小学校の国語の授業でも回文づくりが行われています。

本村亜美さんからのメッセージ

回文だけでは「へ〜、なるほど」っと思うだけですが、絵がつくことでこんなにも笑えるものになるなんて!
驚きの一冊です。
ぜひ指でたどって、反対からも読んでほしいと思います。
いつもだれかに教えたくなる自然で簡単な回文を考えてます。
「ななばんバナナ」をスーパーで思いついた時には笑いをこらえるのが必死でした。
きっとまだまだあると思うので回文活動を続けたいです。

高畠純さんからのメッセージ

一見なんのへんてつもない文、「あなだなあ」、「いろしろい」、「むすこ どこすむ」など、普通の会話。これが回文なんて、あまりにも自然で、亜美さんのそれぞれの文を見たとたん、絵を付けたい、絵本にしたいと即座に思いました。
絵本としてググッとおもしろくなるぞ、と直感。
この絵本を見る人も「アハハ、そうだよねえ」の感じを受け取ってもらうと嬉しい。亜美さんの回文はあくまでも自然、日常。
すっきりした言葉のセンスが、あ~、いいなあ。楽しんで絵を描きましたよ。
ぜひ、おもしろがってください。きっと読後は、回文を作ってみたい心境に。

絵本「どっちからよんでも -にわとりとわに-」の一コマ

絵本「どっちからよんでも -にわとりとわに-」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。