絵本

だってだってのおばあさん

「だってわたしは98だもの」が口ぐせだったおばあちゃんが5歳の気持ちに戻ると・・・?

この絵本の内容紹介あらすじ

1匹のねこの男の子と暮らす98歳のおばあさん。おばあさんは、椅子に座って豆の皮をむいたり、お昼寝をしたりしてのんびりと暮らしていました。

毎日元気いっぱいに出かけて行くねこから釣りに誘われても「98のおばあさんがさかなつりをしたらにあわないわ」といつも断るのでした。

そして99歳の誕生日。手慣れた様子でケーキを焼き、あとはロウソクを99本立てるだけ…。そこでハプニングが!ねこがおつかいの帰りに買ったロウソクを落としてしまい、袋には5本しか残っていなかったのです!

泣き止まないねこに、おばあさんは優しく言います。5本でもいいじゃない!その夜2人は5本のロウソクを立て、「1さい2さい3さい4さい5さい。5さいのおたんじょうびおめでとう!」とお祝いしたのでした。

そして、次の日から「だってわたしは5さいだもの」を口ぐせに変えたおばあさん。すると…?元気よく長靴を履いてねこと一緒に出かけていき、小川を飛びこえ、水遊びをして…!すっかり気分は子ども。

ねこに「らいねんのおたんじょうびにもロウソク5ほんかってきておくれ」と言うおばあさん。
身も心も軽くなったおばあさんの表情がとても可愛らしいです。

私たちの世代でも「もう○歳だから…」と何かを諦めたり、人目を気にして楽しめないこと、ありませんか?年齢に関係なく、その瞬間をめいっぱい楽しむことができたなら、子ども達も「大人って楽しそう」と思ってくれるかもしれません。

出版社からの内容紹介

だってわたしはおばあさんだから。それが口ぐせのおばあさん。99歳の誕生日にろうそくがたりなくて、おばあさんは5歳になりました…。だってわたしは5歳だもの! 新しい生活がはじまります。

出版社「フレーベル館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。