絵本

だるまちゃんとやまんめちゃん

やまんめちゃんと楽しく遊んでいただるまちゃんですが、崖から足を滑らせて・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

だるまちゃんが原っぱでボールを蹴って遊んでいます。段々と上手になっただるまちゃんは、勢いをつけて高くボールを蹴り上げるのですが、ボールは草むらに入ってしまうのでした。

だるまちゃんがボールを見失って困っていると、草むらの茂みで何かが動いているのに気づきます。その正体は、やまんめちゃんという女の子です。だるまちゃんのボールを持って草むらから出てきたのでした。

やまんめちゃんは、風邪を引いたおばあちゃんのために薬草採りに出掛けていたのです。だるまちゃんも薬草採りを手伝うと提案しますが、十分に採れたと言ってやまんめちゃんは山に帰っていくのでした。

だるまちゃんはやまんめちゃんと遊びたかったのですが、やまんめちゃんはあっという間に帰っていきます。そこで翌日、だるまちゃんはネーブルという甘くていい香りのミカンを持って、やまんめちゃんのところにお見舞いに行くことにしました。

だるまちゃんが山を一生懸命に登ると、崖のそばに大きな洞穴を見つけます。この洞穴の入り口にはやまんめちゃんの草履が並んでいます。そこで、だるまちゃんは大きな声でやまんめちゃんを呼ぶのでした。

すると、やまんめちゃんが洞穴の中から出てきます。そして、おばあちゃんのお見舞いにネーブルを渡してから、だるまちゃんとやまんめちゃんは遊び始めます。
おはじきをしたり、ドングリ並べをして遊んでいると、あっという間に日が暮れてきたのでだるまちゃんはお家に帰るのでした。

だるまちゃんは、やまんめちゃんとまた遊ぼうと考えますが、雨が降り続くので遊びに行くことができません。やまんめちゃんは一人で何をしているのだろうか、おばあちゃんの風邪は治っただろうかと心配が募ります。

そしてようやく雨が止むと、だるまちゃんはさっそく山を登ってやまんめちゃんの家に向かうのです。やまんめちゃんの家に着くと、やまんめちゃんと元気になったおばあちゃんがだるまちゃんを出迎えるのでした。

おばあちゃんは、ネーブルのお礼にと木の葉で作った鳥のおもちゃをだるまちゃんにプレゼントします。だるまちゃんは大喜びでやまんめちゃんと木の葉の鳥を飛ばして遊びます。ところが、勢いよく木の葉の鳥を飛ばそうとしただるまちゃんは崖から足を滑らせて・・・・。

崖から滑り落ちてしまっただるまちゃんは一体どうなってしまうのでしょうか。

出版社からの内容紹介

だるまちゃんは、薬草を摘んでいたやまんばの孫娘、やまんめちゃんに出会いました。次の日、だるまちゃんは、風邪で寝込んでいるやまんめちゃんのおばあさんのお見舞いに、山の上にある洞穴を訪ねます。ふたりは仲良くなって、おはじきやどんぐり並べをしたり、木の葉で鳥をつくって遊びます。自然とともに暮らすやまんめちゃんたちとの触れ合いを通して、薬として役に立ったり、遊び道具にもなるいろいろな植物を描きます。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。