絵本

だるまちゃんと楽しむ 日本の子どものあそび読本

日本の伝承遊びを選りすぐった至極の一冊。

この絵本の内容紹介あらすじ

小さなお子さんに大人気の可愛らしいだるまちゃんシリーズなど、600冊にもぼる児童書を書き上げた作者が描く楽しい日本の遊びが満載の絵本です。

昭和42年(1967年)に出版された「日本伝承のあそび読本」が新しくカラー版になりました!現代の子どもたちが親しみやすいよう再編され、2016年に書き直された絵本です。

「草花や木の実のあそび」、「紙をつかうあそび」、「いろいろ工作のあそび」、「絵や形をかくあそび」、「野はらや広場でのあそび」、「手やゆびのあそび」、「あやとり」の章に分けて多くの遊びを紹介しています。

七夕といった季節行事に合わせた工作や遊びも多く記載されていますよ。

絵描き歌やあやとりもひとつひとつ手順が丁寧に描かれており、やったことのない大人も子どもと一緒に見ながら楽しめるようになっています。

身の回りにある段ボールや空き箱、わりばし、食器や布などを使って細工や工作をしていくのでどなたでも手軽に楽しめるでしょう。作り上げていく途中の困難や苦心を乗り越える喜びや嬉しさがいっぱいの楽しみが詰まった遊びのネタ帳になるのではないでしょうか。

出版社からの内容紹介

日本の子どもたちのあいだで愛されてきたあそびを集めた1冊。「草花や木の実のあそび」「いろいろ工作のあそび」など、お家の中でも外でも楽しめるあそびが満載です。1967年に出版された『日本伝承のあそび読本』より選りすぐったあそびと、今の子どもたちこそ楽しめるあそびを、オールカラーで描き下ろしました。『だるまちゃんとてんぐちゃん』など「だるまちゃん」シリーズでおなじみのキャラクターたちも登場します。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。