絵本

だれでもアーティスト

出版社からの内容紹介あらすじ

古今東西の有名な絵や彫刻をとりあげ、まずは目で見て楽しみ、次に、技法やテーマをまねて実際に作品をつくる材料や手順を具体的にガイド。版画、コラージュ、モザイク、粘土細工、パステルなど、わくわくする挑戦メニューが14種類。「鑑賞」と「創作」を組み合わせた画期的なアートの本、自由研究にも大活躍の一冊です。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。