絵本

ちょうちょ はやく こないかな

出版社からの内容紹介あらすじ

小さな花が可憐な花をせいいっぱい咲かせて、ちょうちょを待っています。ちょうちょは次々に飛んでくるのですが、もっと大きな目立つ花のほうに行ってしまいます。日が暮れると、せっかくの花が散ってしまいます。そこに、小さなちょうちょが飛んできて、小さな花にとまってくれました! あー、よかった! 蝶を待つ小さな花の不安と期待が繊細な絵と柔らかな言葉で描かれます。

出版社「福音館書店」より
2歳3歳4歳甲斐 信枝福音館書店
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。