絵本

チョプラン漂流記 お船がかえる日

出版社からの内容紹介あらすじ

1802年11月、箱館の港から江戸にむかって出帆した順吉丸は、嵐にあって舵をうしない、南へ南へ流されます。たどりついたのは聞いたこともない「チョプラン」の地。8歳の少年、市松は、船頭の文助とともに、先住民の集落で生活をはじめます。実際の漂流の記録にもとづいて描く、台湾東海岸の風景と、海がつないだ交流の物語。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。