絵本

ぶたのたね

ブタよりも足の遅いオオカミと不思議な種のお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

ブタよりも足の遅いオオカミは、一度もブタを捕まえたことがありません。ブタを追いかけては馬鹿にされる毎日です。

オオカミが悔し涙を流しているとキツネ博士が通りかかります。そして、オオカミは博士に足の速くなる薬はないかと尋ねるのでした。

オオカミはブタの丸焼きをお腹いっぱい食べるのが夢ですが、一度もブタを捕まえたことがないので野菜と木の実しか食べたことがありません。

そんなオオカミを見かねたキツネ博士は研究室に連れて行きます。そして、足が速くなる薬の代わりに「ぶたのたね」を渡すのでした。

ブタの種を土に埋めて、「早く大きくなる薬」を毎日撒くと、どんどんブタの木は大きくなって、最後にはブタの実ができるというのです。

さっそくオオカミがブタの種を埋めて、薬を撒くと、その日のうちに芽が出ました。そして、待ちきれない気持ちを抑えながら毎日欠かさず薬を撒いていると、とうとうブタの実がなったのです。

でも、今日はゾウのマラソン大会の日。ドスンドスンと地鳴りが鳴ると、ブタの木になったブタ達は地面に落ちて、走って逃げて行ってしまうのでした。
オオカミは念願のブタの丸焼きをお腹いっぱい食べることができるのでしょうか?

出版社からの内容紹介

足の遅いおおかみが、どうしてもぶたをつかまえたくて、きつね博士から「ぶたのたね」を手に入れます。
せっせと水をあげると、みるみるうちに「たね」は育ち、ぶたは見事にたわわに実ります。
ところが!その時、ぞうのマラソンの一群がやってきて・・・。

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。