絵本

ぼくのだ!わたしのよ!

3びきの けんかずきの かえるの はなし

3匹のカエルは「ぼくのだ!わたしのよ!」と喧嘩三昧。ところがある日、嵐に見舞われると・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

虹ヶ池の真ん中に小さな島がありました。岸にはスベスベの小石が並び、陸にはシダや雑草が生い茂っています。

そんな島で暮らすのは、喧嘩好きの3匹のカエルです。名前は、ミントンとルーパートとリディア。この3匹のカエルは、明け方から夕暮れまで喧嘩三昧の毎日です。

ルーパートとリディアが池に飛び込もうとすれば、「いけに はいるな!」とミントンが叫び、自分の池だと主張します。

ミルトンとリディアが陸に上がろうとすれば、「しまから でていけ!」とルパートが怒鳴り、自分の地面だと主張します。

リディアは蝶々を追いかけながら、「わたしの くうきよ!」と喚きながら主張します。

そんな調子の毎日ですが、ある日、大きなヒキガエルが島を訪ねてきました。このヒキガエルは3匹のカエルに腹を立てています。「ぼくのだ!わたしのよ!」という金切り声が昼も夜も響いて、心休まる暇がないと言うのです。「いいかげんに やめてくれんか!」と忠告して帰って行きました。

ところが、3匹のカエルは聞く耳を持たず、またすぐに言い合いを始めました。ミントンが大きな虫を見つけると「これは ぼくのだ!」と主張し、「むしは みんなの ものだ!」と言ってルーパートとリディアは後を追います。

そうしていると、突然、雷が鳴り響き、滝のような大雨が降り始めました。池は溢れ出し、島は水に飲まれて段々と小さくなっていきます。3匹のカエルは、言い合うこともすっかり忘れて、恐ろしさに震えるばかりです。

それぞれの石に掴まって耐え凌ぐものの、やがてその石も水に飲まれてしまいます。残ったのは、たった一つの岩だけ。3匹のカエルは、寒さと恐さに震えながら、その一つの岩にしがみつきました。

すると不思議なことに、3匹のカエルは元気を取り戻していきます。みんな同じ気持ちで耐えていると思えば気が和らいだのです。

この体験を通して、3匹のカエルに心境の変化が訪れるのですが、一体どのように変わったのでしょう。


「ぼくのだ!わたしのよ!」という言い合いは、子どもの喧嘩で見かけやすいものです。ところが、私たち大人も同じようなことがあるのではないでしょうか。言葉には出さずとも、心の中だったり、別の方法でその主張を行なったことがあるはずです。

この絵本の翻訳を担当した谷川 俊太郎氏は、カエルが人間の世界に引き込まれたような物語だと回顧します。

この物語をとおして、みんなで分かち合うことの素晴らしさを感じられることでしょう。

出版社からの内容紹介

虹ヶ池の真ん中の小さな島にけんかの好きな三匹の蛙が住んでいました。「これは僕のだ!」「あれは私のよ!」と年中けんかのしどうしでした。そしてある日・・・

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。