絵本

ぼくの ポーポが こいを した

おばあちゃんの結婚相手は、ぬいぐるみ!? 不思議な世界観で描く、恋がテーマの物語。

この絵本の内容紹介あらすじ

日曜日、ぼくのおばあちゃんが結婚します。相手は、ぼくのぬいぐるみのポーポ。

ぼくは、その結婚式に反対します。おばあちゃんは人間で、ポーポはぬいぐるみ。そのような結婚式は、絶対に変なのです。死んだおじいちゃんも、きっと怒っているはずです。

結婚式に反対するぼくですが、本当はふたりが恋人であることをずっと前から知っていました。夜中にトイレで起きたとき、ふたりがキスするところを目撃してしまったのです。

サンタさんから貰ったぼくのポーポ。それなのに、ポーポは、おばあちゃんを選んだのです。ぼくがこれだけ反対しても、家族は大賛成です。結婚式の準備は着々と進みます。

結婚が決まってから、おばあちゃんとポーポは毎日デート。ぼくが「きもちわるいよ」と言っても、「そうだろうねえ」とおばあちゃんは笑います。そして、「でもね こいは へんなんだよ。へんになるのが こいなんだから」とおばあちゃん。

この不思議な結婚式は、どのような結末を迎えるのでしょうか。


この物語に登場する「ぼく」と同じ考えの人は多いことでしょう。人間とぬいぐるみが結婚するのは想像できないことです。

ところが、この物語の世界では、その結婚が温かく迎え入れられています。「ぼく」だけが反対なのです。

この絵本から何が伝わるでしょうか。おばあちゃんの言葉に『恋』の本質を見出すかもしれないし、多様性の在り方を考えさせられるかもしれません。はたまた、他人が人の恋路に口を出すことではないと感じるかもしれません。

人間とぬいぐるみの結婚に反対する「ぼく」ですが、もしかしたら、仲の良い友人を取られたような嫉妬も含まれていたのかもしれません。常識や嫉妬から、批判や反対意見は起こることもあるのです。

岩崎書店:『恋の絵本 ぼくの ポーポが こいを した』(村田沙耶香・作/米増由香・絵/瀧井朝世・編)PV

出版社からの内容紹介

日曜日、ぼくのおばあちゃんとぬいぐるみのポーポが結婚する。
ある夜ぼくは見てしまった。二人がキスするところを…。

村田沙耶香と米増由香が魅せる、新しくて美しい結婚。

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。