絵本

ぼくは弟とあるいた

出版社からの内容紹介あらすじ

近づく戦火を逃れて祖父の町へと乗った兄弟のバスが砂漠の中で故障した…。戦火を背に、兄弟の絆を深めた2日間のお話。

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。