絵本

ぼくは おこった

何もかもぶっ壊す!?少年アーサーの怒りの先にあるものとは!?

この絵本の内容紹介あらすじ

ある晩、少年アーサーはテレビの西部劇に夢中になっていました。最後まで見ていたかったのだけれど、もう遅い時間だからとお母さんに寝るように促されます。

ところが、アーサーは「いやだ」と怒ってしまいます。最後まで西部劇を見ようとアーサーが駄々を捏ねるので、「おこりたければ おこりなさい」とお母さん。

アーサーが怒ると雷がなって稲妻が走り、しまいには雹が降り、部屋はぐちゃぐちゃに散らかってしまいます。

そうすると、「もう じゅうぶん」とお母さんは言うのですが、それでもアーサーの怒りは収まりません。

アーサーが怒ると次は嵐が吹き荒れ、屋根と煙突と教会の塔を吹き飛ばしてしまうのです。

「もう じゅうぶん」と次はお父さんが言うのですが、それでもアーサーは怒っています。

アーサーが怒ると台風がやってきて、町全部を海が飲み込んでしまいました。

そこで、「もう じゅうぶん」と次はおじいさん。それでもやっぱりアーサーの怒りは収まりません。

アーサーが怒ると次は地球にバリバリとヒビが入って、卵のように割れてしまうのでした。

最後は、「もう じゅうぶん」とおばあさん。それでもまだまだアーサーは怒っています。

アーサーが怒れば怒るほどに天変地異は激しさを増していきます。地球も月も星も惑星も・・・、何もかもを壊すほどにアーサーは怒りに満ちています。

果たしてアーサーの怒りは収まるのでしょうか。そして、怒りの先に何があるのでしょうか。

怒りに身を任せてしまった末路には、虚しさだけが残るのだと語りかけてくるような物語です。

出版社からの内容紹介

アーサーは、おこった。すると雷がなり、嵐がおそい、町がひっくりかえった。まだおこっていると、地球がわれ、月も、星もこっぱみじんにくだけちった。火星のかけらにすわって、アーサーはかんがえた…。

出版社「評論社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。