絵本

びっくり たまご

3びきの かえると へんな にわとりの はなし

この絵本の内容紹介あらすじ

石ころ島に三匹のカエルが住んでいました。
名前は、マリリンとオーガスト、それからジェシカ。

その三匹の中でも、特にジェシカは好奇心に溢れていました。島の反対側まで行ったかと思えば、日が暮れる頃に何かを持ち帰ってくるのです。ジェシカは、何でもない石ころを拾っても「すごいでしょう?」と自信満々でした。

――ある日、ジェシカは不思議な石を拾いました。雪のように白く、満月のように丸く、ジェシカと同じくらい大きなものでした。

「マリリンと オーガストが,これを みたら なんて いうか たのしみね!」

そんなことを考えながら、三匹の住む入り江まで不思議な石を転がしていきました。

ジェシカが拾ったのはニワトリの卵!?

「ほら みて!」
「おおきな いしころでしょう!」

今度ばかりは、マリリンもオーガストも驚いてしまいました。

けれども、物知りのマリリンは、これが石ではないことに気づきました。ニワトリの卵だというのでした。

――そうして数日が経ったころ、ついに卵から赤ちゃんが生まれました。

マリリンは「おもった とおりよ! にわとりよ!」と叫び、オーガストとジェシカは「にわとり なのね!」と納得しました。

とは言うものの、ニワトリであるはずの赤ちゃんは、ニワトリにしては様子が違いました。水の中に飛び込み、上手に泳ぎ始めたのです。

三匹のカエルは、それでも何も疑わず、一緒になって水の中で遊ぶのでした。

ジェシカとニワトリは大の仲良し

ある日、岩場の波打ち際で異変が起きていました。誰かが溺れているようだったのです。それなのに、マリリンとオーガストはオロオロするだけ。ニワトリは瞬く間に飛び込みました。

驚いたことに、助け出されたのはジェシカでした。藻に絡まって溺れていたというのです。

その日からというもの、ジェシカとニワトリはすっかり仲良くなりました。いつも一緒にいるほどで、島中に出かけていきました。

ニワトリなのにワニ!?

ある日、ジェシカとニワトリは、これまで一度も行ったことのない場所へ行きました。そして、偶然にもニワトリに転機が訪れました。

「まあ,ここに いたのね!」
「おかあさんが あなたを さがしまわってるわよ!」

そこに一羽の小鳥が舞い降り、ニワトリに向かってそう言いました。さらには、お母さんのもとに連れて行ってくれるというのでした。

そうして、ジェシカとニワトリは、小鳥に従って昼夜問わず歩き続け……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

まさか、ワニをニワトリだと勘違いするとは……。

アイコン画像

でも、勘違いしたからこそ、仲良くなれたのかもしれないね!

アイコン画像

うんうん。
愉快なカエル達の様子が面白かったよ。

アイコン画像

レオ=レオニの作品は、教訓を含むようなお話が多いと思うけど、今回はシンプルに愉快なお話なんだ。

この絵本を翻訳した谷川 俊太郎さんはこう言っているよ。
「ジェシカの行動力と感性は、どんな子どもにも潜んでいる未来へと向かうエネルギーを感じさせてくれる」

アイコン画像

たしかに、ジェシカはワクワクに満ちていたね!

ところで、ワニのお母さんに会ったらどうなっちゃうんだろう?

アイコン画像

それは読んでからのお楽しみ!

というわけで今回は、絵本「びっくり たまご」のご紹介でした!

出版社からの内容紹介

3匹のかえる達がある日卵を見つけました。中からでてきたのはワニの子ども。でもかえる達は、ニワトリだと思い込んで…。

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。