絵本

びっくりはなび

まるで実際に花火大会に行ったかのような臨場感あふれる仕掛け絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

うさぎはなび いきまーす!
ひゅる ひゅる ひゅる~
ぱーん! たーまやー!

まずはうさぎ、お耳のついたかわいい花火が打ち上がります。次はへび、びゅるるるーんとうずまき花火が打ち上がりました。その次はイルカの番、イルカがジャンプしているようなダイナミックな花火。そしてくじゃくの花火は、くじゃくの羽が開いたような豪華な花火です。最後は、「どーん!」「どん!」「どーん!」とひときわ大きな花火が開き、動物たちもいっしょに「かーぎやー」。

この絵本は縦に開いて読む絵本です。花火が打ち上がるシーンはさらにページをめくることができ、縦3ページ分の迫力ある花火を楽しむことができます。

最初のページでは動物が花火を打ち上げ、さらに上方向にページを開くことによって花火が開くという、まるで本物の花火が打ちあがるような仕掛けになっている絵本です。

いろいろな動物が自分の形の花火を打ち上げるというストーリーでお話は展開されます。ページをさらに開くことによって花火が開く仕掛けは、本物の花火大会に行ったかのような臨場感を演出してくれます。

「たーまやー」「かーぎやー」のかけ声はお子さんと一緒に声に出して読んでみるとさらに楽しい気分になれるでしょう。

出版社からの内容紹介

本作は新井氏が得意とする低年齢向けの絵本です。保育園などのよみきかせでも好評な、『ツリーさん』『ハッピーハロウィン!』『ぽかぽか』『みずたまりちゃん』に続く、季節感を感じられるキラキラカバー付きの赤ちゃん絵本です。
 今回は、夏の風物詩である『花火』がテーマ。小さい子どもたちでも親しみやすい、動物をかたどった花火が次々と発射されていく、という繰り返しで構成されています。一番の見どころはなんといっても、花火の特徴をとらえた、驚きの「しかけ」です。この作品は、上にページをめくっていく上開きの絵本ですが、花火のページは、片観音になっているのです。最初にページを開くと、動物が花火を「発射」、さらにその片観音ページを上に開ければ花火が「開花」する、という二段構えの展開は、まさに花火そのもの。まるで実際に花火大会に行ったかのような、臨場感あふれるしかけです。
 花火は大きく描かれているので、おはなし会でも見ごたえ抜群。屋内でも、花火を見た気分になれる、とても楽しい絵本です。1さいから~。

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。