絵本

バナナじけん

車の荷台から次から次へと落ちていくバナナ。そのバナナが意外な方法で戻ってくるのですが・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

荷台にバナナを積んだ車から、バナナが一つ落ちました。

そこに猿が歩いてきて、落ちたバナナを見つけます。そして、パクッと食べて、バナナの皮をポイっと捨てました。

次はウサギが走ってきますが、バナナの皮に気づきません。案の定、バナナの皮に滑って、尻餅をついてしまいます。

しばらくして、今度はワニがやってきました。バナナの皮に気づくと、背中に乗せて歩いていきます。

実は、落ちたバナナは一つではありません。車が進むにつれて、一つ、また一つとバナナが道に落ちていきます。

猿はそれを食べては捨てて、食べては捨てて、次から次へとバナナを平らげていきます。

その後ろで、滑っては転んで、滑っては転んで、ウサギはバナナの皮にタジタジです。

そのしばらく後で、拾っては乗せて、拾っては乗せて、ワニの背中にはバナナの皮が山積みです。

運転手がバナナが落ちたのに気づいた頃には、車の荷台は空っぽになっていました。

そこに腹をパンパンに膨らませた猿がやってきて、「ちょうどよかった。ちょっと のるよ」と言って、車の荷台に乗り込みます。

その後にやってきたウサギは、全身アザだらけ。もう動けないと、車の荷台に乗り込みます。

さらにその後、ワニがやってきて、バナナの皮を荷台に乗せました。

猿のお腹に入ったバナナの中身。それからワニが運んだバナナの皮。これで、全部のバナナがすべて戻ってきました。まさに『バナナ事件』です。


猿とウサギの「やっぱり!」という展開にクスッと笑い、ワニの「えっ?」という行動に興味津々。そして、最後のオチにアハハと笑いが込み上げます。

出版社からの内容紹介

くるまから、バナナが ひとつ おちました。
そこへ、さるが やってきて、バナナを発見!
どうするとおもう?
もちろん、パクッ!
そのあとやってきたのは……。
那生さんの大胆でユニークな絵に思わずふきだす楽しい絵本。
繰り返しの文章が、読み聞かせにもぴったりです。2、3歳から。

出版社「BL出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。